挑戦が日本を、世界を元気にする

棒サッカー

100歳を越えても、要支援・要介護状態になっても、ハンディキャップを有しても続けられる
生涯ユニバーサルスポーツです。

棒サッカーは、大変シンプルなスポーツに捉えられがちですが、戦略や練習を要する奥深いスポーツで、一人の力だけでは勝つことは難しく、チームメンバーが一丸となって「勝利」という目標に向かって協力するチームワークが大切となります。そしてそのチームワークはコミュニケーションを活発にし、人間関係の活性化が図られ、社会性の向上が期待されます。

スポーツから遠ざかっていた人や 諦めていた人も再びスポーツを楽しむことが可能となり、今では老若男女、ハンディキャップの有無を問わず、元気な方から上肢や下肢に麻痺のある方や車椅子を使用している方、認知症を有する方等、また年齢を重ね要介護状態等の様々な状態となっても、座ることができ、棒を振る力があれば、どなたでもいつからでも無理をせず楽しみながらはじめられ、また何歳まででもプレーすることが出来る生涯ユニバーサルスポーツとして成長発展しました。

新着情報

第6回棒サッカー全国大会 結果発表

多数の大会参加を頂きありがとうございました。 大会結果はこちら(PDFファイル)からご確認下さいませ。

第5回棒サッカー全国大会 結果発表

多数の大会参加を頂きありがとうございました。 大会結果はこちら(PDFファイル)からご確認下さいませ。

メディア掲載

(2019年)

2019年 1月 7日 日本テレビ 日テレNEWS内にて紹介
2019年 1月 7日 YAHOOニュース yahooトップニュース 掲載

(2018年)

2018年11月22日 J:COM 「デイリーニュース北摂」番組放送内にて紹介
2018年 6月 5日 NHK 「ごごナマ」内のコーナーにて紹介
2018年 3月14日 ABCラジオ 「ドッキリハッキリ三代澤康司です」にて紹介

(2017年)

2017年11月27日 産経新聞 夕刊に特集掲載
2017年11月22日 毎日放送 「ちちんぷいぷい」番組放送内にて紹介
2017年11月22日 毎日放送 「VOICE」番組放送内にて紹介
2017年11月22日 関西テレビ 「みんなのニュース」番組放送内にて紹介

PHOTO Gallery

日本棒サッカー協会が提唱する棒サッカーとは、その場だけの楽しみに留まるレクリエーションではなく、要介護高齢者やハンディキャップを有した方等を含めたすべての人々の日常生活に密着したスポーツです。「喜び、希望、楽しみ、悔しさ、目標、生きがい、助け合い、励まし合い、つながり、絆、仲間」など人が生きていく上で、生活意欲の根幹を成す大切な感情や思いが集約されており生涯ユニバーサルスポーツである棒サッカーは、閉塞的なものを開放的に、諦めを希望に変え、インクルーシブ社会やグローバリゼーションの一助に、ダイバーシティの促進にも活用できる、現代社会において必要とされる様々な効果が期待できる、多くの可能性を秘めたスポーツです。

まずはお気軽にお問い合わせください。

TEL 06(6479)2980 FAX 06(6444)3552

TEL 06(6479)2980
FAX 06(6444)3552

〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1丁目11番1号 博友ビル1階

〒550-0003
大阪府大阪市西区京町堀1丁目11番1号 博友ビル1階