棒サッカー

理念
「挑戦が日本を元気にする」
A challenge to revitalize Japan

100歳を超えても、要支援・要介護状態になってもハンディキャップを有しても続けられる生涯ユニバーサルスポーツ

「棒サッカー」
A lifetime universal sport "Bô Soccer"

棒サッカーのルーツ

How we begin

棒サッカーとは、元々一部の高齢者施設等で行われていた レクリエーションであり、大阪府豊中市にある豊泉家ヘルスケアグループが開催する豊泉家スポーツフェスタ等の競技として実施していたところ、大変盛り上がり、参加者が真剣に取り組まれる姿や勝敗にこだわる姿に感動し、これをさらにルールを明確に制定し競技性を高めることで、 要介護高齢者の方でも出来るスポーツになるのではとのことから 考案されました。 その後、豊泉家ヘルスケアグループが2013年8月に 一般社団法人 日本棒サッカー協会を立ち上げ、日々研究開発を 繰り返しながら、より安全な用具やコート等を開発し、また、地域のより 多くの方に参加を呼びかけ、定期的に大会を開催しています。 その結果、現在、多くの方が棒サッカーを生涯ユニバーサルスポーツ として認識し、競技人口も増え続けております。

棒サッカーのルール

The rules of playing

11名のチームメンバーが一列に並んで座り、相手チームと対峙して 自チームのゴールを目指してボールを棒で打ち合い得点を競います。 試合は前半と後半に分かれ、ハーフタイムでエンド交代し 自チームのゴールの向きが入れ替わります。 また、棒を高く振り上げる、椅子から立ち上がる等の危険行為は 反則となります。なお、反則の繰り返しや悪質な反則行為は退場 となり、ルールに則ったフェアプレーが求められます。

棒サッカーの魅力

Our attraction

棒サッカーは、大変シンプルなスポーツに捉えられがちですが、チームスポーツで ある特性から、選手の並び順や棒の持ち方、打ち方によって勝敗が左右されるほど 戦略や練習を要する奥深いスポーツでもあります。個人スポーツのように一人の力 だけでは勝つことは難しく、チームメンバーが一丸となって 「勝利」 という目標に 向かって協力するチームワークが大切となります。そしてそのチームワークは コミュニケーションを活発にし、人間関係の活性化が図られ、社会性の向上が期待 されます。そして棒サッカーという生涯ユニバーサルスポーツを通じて、スポーツ から遠ざかっていた人や諦めていた人も再びスポーツを楽しむことが可能となり、 本来、人が持つ闘争心が掻き立てられ、生活自体の張り合いや意欲の向上に つながります。今では老若男女、ハンディキャップの有無を問わず、元気な方から 上肢や下肢に麻痺のある方や車椅子を使用している方、認知症を有する方等、 また年齢を重ね要介護状態等の様々な状態となっても、座ることができ、 棒を振る力があれば、どなたでもいつからでも無理をせず楽しみながら はじめられ、また何歳まででもプレーすることが出来る 生涯ユニバーサルスポーツとして成長発展しました。

棒サッカーの可能性

Mission possible

日本棒サッカー協会が提唱する棒サッカーとは、その場だけの楽しみに留まる レクリエーションではなく、要介護高齢者やハンディキャップを有した方等を含めた すべての人々の日常生活に密着したスポーツです。これまでの活動の実績からも、 小さなお子様からハンディキャップのある方、お元気な方、高齢者、認知症を有する方 などが一つのチームをつくって試合も十分に成立しており、世代間交流のツール として活用できることも分かっています。さらには、地域の活性化のイベントツール としても実績があり、イベントで集まった即席のチームも棒サッカーを通じて大変 盛り上がりを見せることができています。棒サッカーには、「喜び、希望、楽しみ、 悔しさ、目標、生きがい、助け合い、励まし合い、つながり、絆、仲間」など人が 生きていく上で、生活意欲の根幹を成す大切な感情や思いが集約されており、 「誰もが、何時からでもはじめることができ、元気な方もハンディキャップを有する方も 一緒にチームがつくれる、また、一度はじめると、いつまでも続けられることが可能な 「生涯ユニバーサルスポーツ」なのです。生涯ユニバーサルスポーツである 棒サッカーは、閉塞的なものを開放的に、諦めを希望に変え、インクルーシブ社会や グローバリゼーションの一助に、ダイバーシティの促進にも活用できる、現代社会に おいて必要とされる様々な効果が期待できる、多くの可能性を秘めた スポーツであると考えます。

様々なシーンで
棒サッカーが活躍しています!

世代間交流に

福祉フェスティバル
~千里中央セルシー広場~

地域活性化に

庄内バル
~阪急庄内駅前商店街~

催事イベントに

ガンバ大阪ファン感謝デー
~パナソニックスタジアム吹田~

ハンディキャップ
を有する方に

しょうがい福祉フェスタ
~茨木市市民総合センター~

世界共通の
ユニバーサルスポーツとして

アメリカ テキサス州オースティン での展示会
~THE NEW JAPAN ISLANDS〜

シニアの生きがいづくり
生活意欲の向上に

第6回棒サッカー全国大会
~豊泉家千里体育館~

棒サッカーの効果

棒サッカーという生涯ユニバーサルスポーツは、健康増進や介護予防、リハビリテーションとしても効果が期待され、楽しみながらスポーツに 親しめることで、健康長寿を促進します。 一つのボールを棒で打つためには、動体視力や反射神経を活用し考えながら手や腕を動かします。また、より強く打つためには足を踏ん張り、 握力や腕力を必要とします。ボールに棒をヒットさせるためには集中力を必要とします。攻防の中では、体幹バランスや柔軟性、 関節の可動性が必要となります。試合によっては、なかなか点数が入らず持久力を必要とする 試合もあれば、息が上がるほど激しく打ち合うような試合まであります。 これら一連の流れの中には、ストレッチングや有酸素運動、無酸素運動が盛り込まれると考えられ、フィジカルトレーニングとしての効果も 期待できます。 フィジカルトレーニングの効果として、ストレス軽減や高血圧・肥満・うつ病・不眠症などの予防や心肺機能や体力の向上も望めると考えられす。 また、これらの運動は代謝を良くし、脳の活性にもつながり、脳の認識能力を高めることができ、認知症の予防にも成果が期待されます。

トッププレーヤーの声

・棒サッカーはいつ頃から始められましたか。
-棒サッカー発足時より豊泉家北緑丘デイサービス(グリーンロイヤルズ)のキャプテンとして長くご活躍されている。

・棒サッカーの楽しさは何でしょうか。
棒サッカーの競技自体に魅力があり、楽しさを感じている。また、勝負する事にとても価値があり「やるからには勝ちたい」という気持ちを持ち続けることができている。そして、第4回棒サッカー全国大会(2016年開催)で優勝した時の事は印象に残っており、今でもいい思い出である。

・棒サッカーを始めてからご自身に何か変化はありましたか。
何事にも挑戦するという気持ちを持ち続ける事ができている。

・棒サッカーを始めようと考えている方へ一言。
若い頃何事にも一生懸命に取り組んでいた気持ちを思い起こさせてくれる。ぜひ初心を忘れず挑戦して欲しい。
田中 英雄 (たなか ひでお) さん
1935年(昭和10年)8月10日生まれ(83歳)
経験されたスポーツ:
サラリーマン時代、会社の卓球クラブに所属

まずはお気軽にお問い合わせください。

TEL 06(6842)3955 FAX 06(6444)3552

TEL 06(6842)3955
FAX 06(6444)3552

〒560-0024 大阪府豊中市末広町3丁目2番27号

〒560-0024
大阪府豊中市末広町3丁目2番27号